夜行バスで旅に出よう。

 

旅行をしようと計画を立てるとき、移動手段も重要な選択肢の一つです。飛行機や新幹線など、時短最優先ならばそれで良いですが、コスト重視なら夜行バスで旅に出るのがおすすめです。格安の料金で、しかも夜のうちに、目的地まで連れていってくれるのです。
夜行バスの車内は、ほかの交通機関に負けないくらいに快適です。広めのシートを採用しているバス会社も多く、ゆったりとリラックスして乗車できます。一人づつシートが独立したタイプのバスもあり、カーテンで仕切ったり、プライベート空間を持つことが出来るのです。おしぼりやブランケット、スリッパなどを無料で貸し出してくれるサービスも魅力的です。社内にトイレが完備されていますし、サービスエリアなどでトイレ休憩する時間が組み込まれているので安心です。
法規制によって、ドライバーさんの勤務時間や連続走行距離などが制限されているので、事故などの危険性も少ないと考えて良いでしょう。移動をプロのドライバーさんにお任せできれば、マイカーを自分で運転するよりも、もっと楽に旅行することが出来ます。旅先で美味しい地酒を楽しむことも可能になります。交通費の差額分で、ワンランク上の宿泊先を選んだり、自分へのお土産を購入することも出来るのです。
東京名古屋などの主要エリアが200円程で移動できてしまう夜行バスは時期や会社によって価格差があります。そのため高速バスを選ぶ際には最安値が調べられるサイトを利用すると便利です。こんな高速バスの最安値を検索できるサイトもあるので一度利用してみてください。

夜行バスとは?

 

夜行バスは、夜に出発して次の日の早朝に現地に到着する長距離バスのことを言い、夜行高速バスとも言います。夜の寝ている時間を移動時間に当てられることから忙しい人でも鉄道の止まっている夜中のうちに目的に向かうことができ、また価格がリーズナブルなことからも人気のある交通手段です。
定期便の場合には、一人掛けの横三列シートで隣の人とは顔が見えないように半列ずらしたシートが基本です。乗車後はカーテンを閉めて消灯されて就寝してもらうためにシートは大きく倒れるようになっています。デラックスシートになればバス会社によってさまざまな設備が付けられ、横二列の幅広でゆったりしたリクライニングシートであったり、専用のテレビやマッサージ機能の付いた座席、個別カーテン付きなどもあります。
夜行バスの出発時間は夜の9時から11時くらいの間に何ヶ所かを回り、現地でもいくつかの降車場所が設定されています。全席指定になるので事前に予約する必要がありますが、盆や正月、ゴールデンウィークや三連休などでは臨時便が出ることもあり、しかしその場合には一般的な観光バスが利用されています。定期便として運行されているだけでなくツアー会社が独自に企画したものもあり、冬にはゲレンデに向かうスキー客で賑わっています。